分子栄養学とは

「人は食べたものでできている」

不調や病気の原因は、体内の栄養バランスの乱れからくると考え、食事や栄養素の補給によって健康な状態に導いていく栄養療法です。オーソモレキュラーとも分子整合栄養医学ともよばれてす。注目すべきは『個体差』です。例えば、巷で話題の健康法が誰にでも有効とは限りません。

まずは、血液検査のデータから不足している栄養素や不調の原因を推測していきます。

通常、病院だと「問題なし」の結果も、分子栄養学的な視点から見ると、代謝の問題や消化力の問題、血糖コントロールの問題など深読みしていく事で、その人の不調の原因を考えていく事ができます。また、分子栄養学を取り入れているクリニックの毛髪ミネラル検査、有機酸検査などで栄養の吸収の邪魔をしている有害ミネラルの蓄積や体内で起こっている細胞レベルの異変や代謝不全などを調べることができます。

ご自身の体のことが細胞レベルでわかってくると言うことは、自分の体の長所と短所がわかるということです。

​「健康診断で問題なしと言われたのに、なぜ調子が悪いんだろう」と悩まれている方は多くいらっしゃいます。

分子栄養学では一つ一つの検査項目に一喜一憂せず、いくつかの項目を関連させて問題点を考えていきます。すると、絡まっていた糸がほどけていくように「なぜ調子が悪かったのか」がわかってくることがあります。